【新型コロナ】第2波が北京を襲う3つの北京市場!斎場は毎日フル回転で遺体の焼却に追われる。

一時は収束ムードに包まれていた中国、しかし第2派の新型コロナウイルス(COVID-19)が中国北京を襲った。専門家によると、北京での第2の新型コロナウイルス(COVID-19)の流行は武漢よりも第1波の新型コロナウイルス(COVID-19)感染力が高いとのことです。北京の葬儀関係は新型コロナウイルス(COVID-19)の犠牲者の死体を毎日焼いたことを明らかにしました。北京国防大学が封鎖され、武装警察病院を含む多くの軍事病院が満員であったと報告されています。真実は如何に

 

封鎖された北京国防大学

出典 新浪

軍の病院は満員で、新型コロナ(COVID-19)患者の遺体は葬儀場で一日中焼かれているという。

新型コロナウイルス(COVID-19)の第2派は北京を襲いました。北京市内はもはや戦争状態です。

専門家によると、北京での第2波の新型コロナウイルス(COVID-19)の流行は、武漢で蔓延した時よりも感染力が高いとのことです。

関係者は葬儀場が伝染病の犠牲者の死体を毎日焼いたことを明らかにしました。北京国防大学が封鎖され、武装警察病院を含む多くの軍事病院が満員であったと報告されています。

中国共産党国民健康委員会のウェブサイトは、6月14日に北京が中国共産党ウイルスの確認された57の症例を追加したと発表しました。これは4月以来の最高記録で、そのうち36症例は北京からのものです。

中国共産党国民健康委員会のウェブサイト

盧武鉉(ノ・ムヒョン)報道によると、北京の4日間の累計診断数は79例に達し、14日には大規模な検査が行われ、76499人がサンプリングされ59人が陽性となった。しかしこの数字は中国当局が隠蔽していると噂され実際のデータは10倍以上とも言われています。

6月15日、玉泉東市場と北京海淀区周辺の10の住宅団地を封鎖しました。

同日午後、北京市の公式の状況説明会で、北京市党委員会の組織部の徐英(徐英)委員長は、北京は最近異常な時期を迎えており、市は戦時状態に入っていると述べた。

北京にある市場で感染者急増

2020年6月16日に時点で河北省4人、四川省1人の新規感染者が出ています。(5人共、北京集団感染者関係者)

中国の3分の2に当たる20の省と北京から感染者にリスクが高いとされた地域から来た人には14日間の隔離措置を義務づけました。

中国メディアによれは新型コロナウイルス(COVID-19)発生当初に武漢のウィルスに比べればはるかに感染力が高いとされています。

地元の人は

地元住民

あの市場は大きいからもっと拡散が起きているのではと心配しています
市場で働いていたけどもう働きたくない

地元住民

Sponsored Links

北京では第2波を防ぐ為、市場周辺を徹底封鎖

新発地市場

この北京市内にある3つの市場にの内【新発地市場】が一番感染者が多いとされています。

閉鎖された新発地市場

出典 日本経済新聞

新発地市場は中国最大の市場とされ約121ヘクタール、サッカー場にして157個が入る巨大な市場であり、地元からは「北京の買い物カゴ」と言われています。

昨年(2019年)の取引量は1700万トン、取引額はおよそ約2兆円 17年連続で取引額も取引量も中国最大でした。

2020年6月13午前3時からこの市場を封鎖また周辺の11地区の住宅、3つの小学校、6つの幼稚園を封鎖したと言われています。

玉泉東市場

 

出典 百家号

北京の海淀区にある玉泉東市場は15日午後より市場の閉鎖が命じられ、周辺の小学校と中学校は封鎖されました。

現在は感染経路の追跡作業中であり周辺の10の住宅地区を封鎖、24時間体制での監視が行われています。

広外天陶紅蓮菜市場

広外天陶紅蓮菜市場

出典 新華社

北京市西城区にある広外天陶紅蓮菜市場関係者1人の新型コロナウイルス感染が14日に確認されたことを受け、16日午前2時に市場周辺の7の住宅地区を封鎖した。

野菜市場内で近くの新発地市場と往来のある従業員が新型コロナウイルス(COVID-19)と確認された。

中国は新型コロナウイルス(COVID-19)に打ち勝ったと報道し約2か月新規感染者0と報じていたがこの新型コロナウイルス(COVID-19)に第2波の再来に日本もこの様な事にならないかと心配するばかりです。

何としてでも中国からウィルスを持ち込まさない国の対応が求められます。

☟次ページ 第2の武漢にならない様に北京のコロナ封じ込め作戦

Sponsored Links
1 2 3

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

7 8 9 10

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3