【コロナウイルス】肺炎のみならず多臓器不全!武漢で謎の火事、各都市閉鎖・警察に次々と連行される人たち

日を追う事に、感染拡大を広げる新型肺炎コロナウィルス(武汉肺炎)

中国のSNS上では悲痛な訴え、衝撃的な画像、人権差別が起きている中、日本の報道は本当の実状を伝えていない。

とてもフェイクな情報とは思えない。中国SNS上に上げられた動画や中国の報道と日本の報道は全く違います。

緊迫した中国の報道と隣国でありながら日本はいい所しか見せていないようです。

日本国民は本当の真実を知る権利があります。

 

新型肺炎コロナウイルスは、肺炎だけなのか?最後には多臓器不全と思われる状態で倒れて死亡する感染者が激増

中国の病院で手術中、突然医師が倒れる

一部、過労で倒れたとの報道があるが真実は定かではないです。

これらの症状は単なる肺炎ではなく肺から他の臓器に酸素が送れず、結局多臓器不全になるのではないかと思われています。

一部、やらせ動画との見解もありますが非常事態の中でこういう動画を撮れるでしょうか?一部そういう事はあるかもしれませんが街中に死体がゴロゴロ倒れているのは説明がありません。

武漢の病院で働く看護師の証言のYouTube物資が足りていない コロナウイルスには2段階ある? 第1段階は治せる 第2段階はキケン→外出するな死亡するとの事です。

その中で快復して退院される方もおられる様ですか、一度、治っても再び感染する可能性もあるそうです。

また、中国国内では医療器具が不足して深刻な状態で、検査キットもないまま中国公安当局は街をパトロールし市民が感染しているかどうか見た目で判断しているようです。

医療器具がある施設は病院と言えますが、実際の所感染者の収容人数が多い為、体育館、施設などをに収容しているようですがそこには隔離されておらず、薬、点滴などの医療行為など行われずただ死を待つ様な現状です。

コロナウイルス発生当時謎の突然火災が起きていた

コロナウイルス発生当時、付近住民の男性が火災を暴露しツイートしました。

2月6日、武漢の川沿いで強烈な「火事」があった事を武漢市在住の方がSNS上に発信致しました。

武漢の市民が長江の近くの地元のYang羅通りを撮影すると、突然強い火事が発生しました。市民がこれを見たとき、彼らはすぐにこの写真を撮って、ビデオで「なぜ消防車、警察がないのか」と疑問に思いました。

画面はTwitterにも転送され、議論が白熱し、一部の人々は、Windy(Weather Forecast App)のコンテンツを取り出して、火災エリアの「二酸化硫黄」の濃度が異常に高いことを示しました。しかし、「二酸化硫黄」は通常、死体を焼却するときにすす、重金属水銀などとともに大量に現れ、多くのネチズンは「火が異常に燃えていた」と疑問視しています。

©NOWnews提供▲誰かがWindy(Weather Forecast App)を持ち出し、火災地域の「二酸化硫黄」の濃度が異常に高いことを示しました。

撮影した方は燃えてる時、火葬のおかしいな味、臭さがした。その上、警察や、消防署も何も動作してない、武漢の人は自宅の窓から見て呆れてしまった。 もしかすると、当局は沢山急死で遺体を放火で燃やし尽くし、証拠を全滅した。と思ったそうです。

火災が発生した地域

感染拡大で中国の各都市が閉鎖

中国の都市が閉鎖されていってます。広州、成都、同じ新型肺炎拡大による閉鎖、天津今も危ない、上海、北京の閉鎖も秒読らしいとの中国の報道です。

↓クリックで拡大

出典 https://tw.appledaily.com/

 

【中国が隠す恐ろしい現実】コロナウィルス・本当の死亡者数の真実・街には殺人部隊も【動画あり】

☟次ページ 続々と連れて警察に連行され隔離されている

Sponsored Links
1 2

PAGE 1 PAGE 2

7 8 9 10

PAGE 1 PAGE 2