注目キーワード

医療関係者がコロナワクチン接種を拒否するのは何故か?接種すると何があるのか?

  • 2021年3月10日
  • 2021年3月10日
  • ライフ
  • 16view
  • 0件
photo by gettyimages

日本にも新型コロナウィルスに対するワクチンが続々と日本に入ってきまして高齢者、医療関係者から接種が始まるようです。

しかし、その反面、多くの医療従事者、著名人など接種を拒んでいます。

アナフィラキシー反応が国内で確認される中それ以上になにか不具合、とんでもない副反応があるのでしょうか。今回はこの件につきましてまとめてみたいと思います。

私はコロナワクチンを打たない、いまだ打つ予定がない

ビオンテック社、ウール・シャヒンCEO

ファイザー製薬と共同開発した新型コロナウイルスのワクチンの実用化に成功したドイツのバイオ企業ビオンテックのウール・シャヒン最高経営責任者(CEO)は14日までに、CEOはまだ接種を受けていないことを明らかにした。

ファイザー社、アルバート・ブーラCEO

ファイザー社のアルバート・ブーラCEOはまだワクチンを接種していないそうです。同氏はCNNのインタビューに「私より優先される人々がいますので、割り込めません。しかしCEOが接種をすることで、人々はワクチンについてより安心するでしょう」と話した。

日本免疫学の第1人者 宮坂昌之 大阪大免疫学フロンティア研究センター招へい教授 

「私は当面は打たない」と公言

出典 毎日新聞

ワクチンに対する各方面からの懸念

フランスマクロン大統領

2021年1月、アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同開発した新型コロナワクチンは、「65歳以上の人にはほとんど効果がないとみている」と発言し、「いま正式に言えるのは、アストラゼネカに関して我々が得た初期結果では60~65歳の人にこのワクチンは推奨されないということだ」と発言しました。(しかしこの発言の数時間後に欧州医薬(EMA)は同ワクチンの全年齢層の成人への使用を承認しました。)

米ファイザー、独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた高齢者3万人中29人が1回目のワクチン接種後、短時間で死亡しました。ノルウェー政府は週末、重い基礎疾患がある高齢者にとってファイザー製ワクチンはリスクが高過ぎる可能性があると表明した。

タイ国プラユット首相

「我が国は十分な治験を経ていないワクチンの入手を急ぐつもりはない」と表明しています。

スペイン

高齢者施設の78人がワクチン接種した後、全員がPCR陽性となって7人が死亡したという情報を入手

ウィスコンシン医科大学名誉教授高橋徳先生

人体実験だとして接種に反対している。

出典 http://tanjo.org/

編集後記

第二弾に続きます。