注目キーワード

厚労省発表 接種後死亡者 合計916名に(2021年7月末時点)各国ワクチン義務化、米国も一部で開始、日本は?

厚労省発表のワクチン接種後の死亡者数、副反応者数

2021年8月4日 厚労省分科会発表によると接種死亡者は916人 その内訳ですが

コミナティ筋注、ファイザー株式会社909人

モデルナ製  7人です。

厚生労働省発表による

コミナティとはファイザーの新薬ワクチン

米ファイザー製薬の新たな新薬ワクチンです。

コミナティ筋注(COMIRNATY)
出典 日本経済新聞 

『mRNA』『コミュニティ(community)』『免疫(immunity)』を組み合わせから名付けられた言われています。

今後、数回に分けてこのワクチンについて説明していきますが、今回は作用機序(どうやって効くか?)から説明します。

DNAからタンパク質伝えるのいわれているのがmRNAです。今回のワクチンはこのmRNAを人工的に作成し人工mRNAは体内に注入することで細胞内のタンパク質に取り込まれ、スパイクタンパクというタンパク質が作られます。

しかし前回お伝えしたように抗体依存性感染増強(ADE)が算出され増強することです。このことは日本のニュース、医療機関などでも殆ど記述されておりません。このところをしっかりと自分自身で理解してください。

次ページ 各国はワクチン義務化、米国、日本は?