注目キーワード

【新型コロナ】第2波が北京を襲う3つの北京市場!斎場は毎日フル回転で遺体の焼却に追われる。

北京市の徹底した封じ込め作戦

現在の公表されている6月15日時点までの北京の感染者数

  • 11日  1人
  • 12日  6人
  • 13日  36人
  • 14日  36人
  • 15日  27人

これについて武漢のウィルス専門家はこう述べています。

[say name=”武漢のウィルス専門家” img=”https://hidechannel.com/wp-content/uploads/2020/06/2021886.jpg”]北京の新発地市場で発見された新型コロナの伝染力は武漢の華南市場より強い。北京が発生源ではない。外部からはいったものだ。[/say]

そこで北京市はPCR検査を徹底し14日には7万6499人、15日には約9万人の検査を実施したといいます。

北京市政府は北京市内193個所にPCR検査地点を設置し先月30以降の市場訪問者約20万人全員の検査を行うとしています。

更に、北京市内、全娯楽施設の一時営業停止、3万以上のレストラン、企業の食堂を消毒、17日中に市内の全レストランの消毒を終了したと報じています。

また14日、中国共産党北京市規律検査委員会は「市場の消毒を怠った」として市場にある地区の党幹部らを更送したと報じています。

中国はこの変異する新型コロナウイルス(COVID-19)を封じ込める事が出来るのか。

SNSから見られる北京の実態

もはや感染流行は制御不能となった北京市

長蛇の列を作るPCR検査に並ぶ北京市民

北京での流行は非常に深刻で、一度に制御することはできません6月16日の夜に、北京の緊急対応レベルが引き上げられたことが発表されました。北京は国内で唯一の二次対応地域になりました

北京の色々な所が閉鎖が開始され、都市閉鎖がカウントダウンに入りました。

人々は不安を抱いており、中高リスクの道や新しい市場にいる関係者は北京を離れることが厳しく禁止されています。

☟次ページ 北京の斎場(死体焼却炉)の実情