注目キーワード

新型コロナウイルス中国武漢で第2派 中国武漢のその実状・新型コロナウイルス(COVID-19)

  • 2020年5月19日
  • 2020年5月19日
  • ライフ
  • 6view
  • 0件

吉林省では

吉林省ではロックダウンされました。

同省吉林市にある吉林駅が封鎖された。

中国北東部の吉林省、遼寧省で感染爆発し、8千人以上が隔離されました

吉林省は、地元の中国共産党ウイルス(武漢肺炎)が確認された症例をさらにいくつか追加しました。 。そして、周蘭市、豊満区、瀋陽市の後、吉林市の管轄下でこのラウンドの流行状況が再び川営区に導入されました。流行の継続的な拡大により、吉林省と遼寧省では8,000人以上の人々が孤立しました。

5月15日の吉林省保健委員会のニュースによると、14日0時から24時まで、吉林省で新たに診断された4症例が追加され、そのすべてが吉林市の地方症例であった。

公式に確認された症例の軌跡は、5月14日に新たに確認された4つの症例はすべて、以前に確認された吉林シュランクラスター化中国共産主義ウイルスの症例との密接な接触であった

通知された症例の中で、女性患者は吉林省豊満区で以前に診断された患者と密接な接触があり、現在は川営区環西郷の新里村に住んでいることは注目に値します。これは、吉林省の秀蘭市、豊満区、瀋陽市に続いて、この一連の流行状況が吉林市下の川営区に導入されたことを意味します。

また、これらの4人の患者は、診断を受ける前にスーパーマーケット、薬局、病院、銀行、レストラン、肉屋、野外市場、理髪店などに行ったことがあります。彼らはタクシーに乗っており、ホテルや複数のコミュニティで1人が行っています。清潔さ、彼らが持っている密接な連絡先の数はまだ不明です。

5月15日、地方政府は吉林市の川営区のリスクレベルを低リスクから中リスクに危険度レベルを上げましたしました。

最近発生した吉林省吉林省シュラン市公安局における女性洗濯作業員の流行流行の連鎖はこれまでに29人、吉林省吉林市の26人(秀蘭市では16人、豊満区では9人、川寧区では1人)に感染している。 )、3人が遼寧省瀋陽市(同じユニットのすべての従業員)にいて、8,000人以上が隔離されました。

5月14日、シュランシティは、4月1日から5月6日の間に清華浴場を訪れた住民は、隔離された状態で21日間すぐに家にいなければならないことを要求する緊急通知を発行しました。お風呂は、秀蘭市の流行チェーンで最初に診断された患者の最初と2番目の姉妹が住んでいる建心園の近くにあります。

5月10日、吉林省吉林市の管轄下にある秀蘭市は、高リスク地域として「戦時状態」に入り、すべてのコミュニティと村が閉鎖されたと発表した。

それ以来、吉林市の公式発表では「厳しい状況」と「厳格な予防」が求められており、町とコミュニティは完全に閉鎖され、閉鎖状態に入っています。

中国北東部の3つの省(黒竜江省、吉林省、遼寧省)は、本土のさまざまな場所で生産と生産の再開を実施して以来、この1か月間に流行の激化が頻繁に警告されています。数十の確定症例。今回の人口440万人の吉林市の閉鎖は、労働生産の再開以来、本土で最初の大都市となった。

吉林市は完全な閉鎖管理を実施し、すべての旅客ラインとチャーターツアーを停止します。都市の薬局と診療所は、発熱を抑える、抗ウイルス薬、抗生物質の販売をやめ、診療所は発熱患者の受け入れを禁止されています。

吉林省のネチズン「Bingzhi Li」は、現在、吉林市ではすべての電車とバスが利用できず、高校と中学生の3人がオンラインクラスを再開したと述べています。12日には、街中で材料の購入の波があり、ファーマーズマーケットの価格が高騰しました。

ソーシャルネットワークの情報によると、吉林省での流行は非常に深刻ですが、友だちの輪での流行について話すと、アカウントは「悪意のある噂などの違法なコンテンツの拡散の疑い」のために中国公安局すぐにブロックされます。

参考 エポックタイムス

ネットの反応

中国まじで滅んでほしい。コロナの責任問題といい、その状況で世界的支配力高めようとしたり、侵略しようとしたり根っからのクズ。救いようのないゴミ。

 

武漢では、三民区が封鎖されました

5月15日12時頃 完全閉鎖された中国、吉林に 多くの医療スタッフが核酸検査の準備のために吉林市のコミュニティに到着しました 中共ウィルスのセカンドインパクトは拡大しています 何も終わっていない

 

編集後記

日本は中国武漢との貿易空路、航路とも開通再開いたしました。

日本は非常事態宣言が終わりつつもある時に感染爆発を再び起こしている中国、武漢からの貿易を始めると再び日本も感染者が増えるのではないかと心配しています。

最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。