注目キーワード

【不安と恐怖を撒き散らす】新型コロナウイルス今自分で出来る予防対策は【感染対策グッズ色々】

中国から発生した新型コロナウイルス(COVID-19)は感染の衰えをみせずに世界に拡大しています。

日本も隣国として確実に感染者が増大しています。

色んな情報が飛び交う中、手洗い、うがい、マスクは当たり前の事、日本のメディアは【大丈夫!怖くないです!】と報道していても

中国本土では多数の死者が出ています。飛沫感染、エアロゾル感染は厚労省から発表されているもの空気感染はないと断言できません。

例えば、横浜に停泊していたダイヤモンドクルーズ号に検疫官が防護服を着てマスク、ゴーグルをしていたものの感染してしまいました。

今、出来る予防法をまとめてみました。

新型コロナウイルス(COVID-19)は単なる肺炎ではない。軽視している日本人が殆ど

コロナウィルスは単なる肺炎ではありません。先日、池上彰さんのTV番組では

「新しいコロナウイルス」関係であると述べたため、誰もが恐れていたが、武漢肺炎の死亡率はSARSよりもはるかに低いため、心配する必要はなく、このウイルスに感染した人の数はSARSよりも多い毒性物質は宿主を突然死に至らしめるため、あまり毒性はありません。したがって、感染することはできません。健康な人は恐れる必要はないと言われています。これを聞いた後、「座っている人は誰でも安心です」と言いました。おそらく日本人はそれを読んだ後は安心しているでしょう。」

引用 https://tw.news.yahoo.com/

中国ではフェイスブック、ツイッター、インスタグラム、微専等は公安当局に検閲されており国のイメージが悪い投稿は全て削除されます実際の本土の状況を把握できないのが現状です。しかし幾つかの投稿がされています。その投稿を見ると新型コロナウイルス(COVID-19)に感染すると突然、倒れて死亡するケースがあるようです。

コロナウィルスの検査費用は

SNS上でコロナウィルスの検査が8万円とデマが流されていますがこういった情報に惑わされないで下さい。

PCR実施ができる場所や費用、結果が出るまでの期間を教えてください。渡航歴や患者との接触歴などから、都道府県が必要と判断した場合に検査が行われます。このような場合は、検査自体の費用は不要です。結果が判明するまでの期間は状況によりますが、1日から数日かかります。

引用 厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00004.html#Q4

また任意検査の場合は14日政府が発表したところによると4,200円と発表した様です。

各都道府県に分かれて相談窓口も違いますから先ずは相談窓口に相談したほうが良さそうです。

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な電話相談を行いたい方は、各都道府県が設置している電話相談窓口へご相談ください。新型コロナウイルスに関するお知らせも掲載されています。

北海道
青森県  岩手県  宮城県  秋田県  山形県  福島県
茨城県  栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県
新潟県  富山県  石川県  福井県  山梨県  長野県
岐阜県  静岡県  愛知県  三重県
滋賀県  京都府  大阪府  兵庫県  奈良県  和歌山県
鳥取県  島根県  岡山県  広島県  山口県
徳島県  香川県  愛媛県  高知県
福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県
宮崎県  鹿児島県  沖縄県

引用 https://www.kantei.go.jp/

これだけはやっておこう予防対策!私がやっている事!

電車のつり革、手すり、スーパーの買い物カゴなど数えきれない程、危険な部分があります。

電車のつり革もティシュなどで覆ったり買い物カゴ、買い物カートなども手袋などで守りたいものです。

今、感染拡大している中国のエレベーターでは自分のツバをボタンに吹っ掛けたり

車のドアノブに自分の唾液をつけまわっている輩もいます。

エレベーターのボタンについて

中国ではエレベーターに爪楊枝でボタンを押しているようです。

また、ライターを工夫して

エレベーターではテッシュや付箋で押すのが無難ですよね、日本ではまだ中国のようにエレベーター内に爪楊枝など常備されていないので自分で用意する必要があります。

爪楊枝やティシュなどは100円均一で揃いますが近くにゴミ箱がなかったら処分に困りますよね。

ポケットに入れてもウィルスが気になるので携帯用のゴミ箱等あればと思い調べました。

マチ付きなので便利ですね!

 

携帯用消毒液を持参する。

市販の携帯用消毒液は今回の新型コロナウイルス(COVID-19)対策で値段が高騰していますので私の場合はミニボトル、100均のボトルではミストの様に霧状で噴射しないのでボトルだけを購入し消毒用エタノールを購入し小分けにして色々な所に散布しています。

こうなるとコストもかかります。

私はミスト噴射の空ボトルしかも携帯用ですから引き金の様な噴射タイプよりプッシュ式の方が嵩張らない利点がありますよね。

また、エタノールは今後、感染拡大を見通して業務用を買いました。

(ドンドン値段が高騰していますから早く買った方が良いと思います!)

私が買ったのは

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】新品!業務用 アルコール製剤 エタノール製剤 18Kg(20L)
価格:5390円(税込、送料無料) (2020/2/20時点)

楽天で購入

 

 

また、私は家の中にウィルスが入らない様に玄関の外で噴霧器で全身服のまま消毒し家の中にウィルスが侵入しない様に心がけています。

靴の裏まで念入りに除菌しています。

手洗い

手洗いは頻繁に行いましょう。

勿論、帰宅後には手首までしっかりしたいものです。

トイレに備え付きのタオルは使わない方が良さそうです。

出来れば除菌ペーパー、ペーパータオルかマイハンカチで手を拭きましょう。

 

携帯用にはいいですね。

自宅にはこのようなものがあると感染予防に役立ちますよね。

石鹸

外出していると石鹸も常備されていない所もあります。調べてみると紙の様な石鹸がありました。



また、泡が出るタイプのソープをミニボトルに小分けにして外出先でも泡のでるソープを使用する事が出来ます。

家族などには

自宅などで本格的に手洗いする時には殺菌作用も大事ですよね。



うがい

【新型コロナウィルス】遂に日本でも中国の隠蔽工作を報道!中国を入国禁止、PCR検査しない訳は

正しいうがいの仕方

誰でも簡単に出来る『うがい』ですが、そのやり方は「お水」を使う人、「お湯」を使う人、「お茶」を使う人、「うがい薬」を使う人、使わない人、口をゆすぐだけの人、ガラガラとのどまで入れる人など様々です。
どの方法が一番良いとはいえませんが、比較的予防効果の高い「うがい方法」というのは決まっています。

「口」と「のど」の二段階殺菌

日常生活の中で、口内やのどには体内に入りこめない細菌・ウイルスがたくさん溜まります。
予防効果の高い「うがい」とは、これらの溜まった細菌・ウイルスを体外に排出するやり方です。

(1)口の中を殺菌
効果的な「うがい」を行なうために、まず「口内」の細菌・ウイルス・食事かすなどを洗い流します。
① 適量の水(お湯・お茶・うがい薬でも可)を口に含み、強く口内をゆすぎます。
口内で強くゆすがれた水の乱流効果で口内の汚れ・ウイルスなどが洗い流されます。
② ①を1~2回繰り返し、口内の汚れを洗い流します。

(2)のどを殺菌
「口内」の次は「のど」の殺菌です。
水をのどまで入れてゆすぎ吐き出すことで、のどの中の汚れが体外に排出されます。
① 適量の水(お湯・お茶・うがい薬でも可)を口に含み、顔を上げ、口を開けた状態でのどの奥まで水 が回るようにうがいを行ないます。
1回のうがいは10~15秒程度を目安に行ないましょう。
② ①を3~4回繰り返し、のどの汚れを洗い流します。

※うがい薬の使用については、一部アレルギーを持つ方は使用を避けたほうが良い場合もあります。

※うがい薬を飲み込んでしまった場合、希釈したものならば心配はありません。
万一、原液を飲み込んでしまった場合は、アレルギー症状などが発症する可能性もありますので、必ず病院で見てもらってください。

引用 http://www.kaigo-town.jp/

携帯用には


 自宅には


マスク

一時はマスク不足でマスクがありませんでしたが、最近、運が良ければたまにマスクがあります。

マスクも取り替え時はマスクの表側を触らずに紐の部分を持って取り替えるのが良いとされています。


新型肺炎コロナウイルス予防対応のマスク選びに注意する点、おすすめのマスクをサイズ別に紹介!予防対策は!

後 記

今回は、新型コロナウイルス(COVID-19)に対し私のやってる感染予防についてまとめてみました。

コロナウィルスが感染拡大している中、みなさんくれぐれも感染しない様予防に徹底してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。